Free shipping on purchases over 11999 yen! !! Support cash on delivery! !!

最高にかっこいい生地のWABASHとは?

% Month% Day% Year – Taylorjoy

最高にかっこいい生地のWABASHとは?
最高にかっこいい生地のWABASHとは?

インディアナ州のウォバッシュ川にちなんで名付けられたこの作業服生地は、植物の藍と白い点で構成された縦縞が、よりユニークなスタイルになります。ウォバッシュとは、インディゴ生地に色を抜いて染める『抜染手法』と言う手間のかかる作業で行われていました。インディゴブルーに白のドットのストライプは見た目にも美しく、一説にはアメリカのインディアナ州にあるウォバッシュ川の、川の流れをイメージして作られたと言われています。

当初、WABASHシャツはアメリカの鉄道労働者の作業服でした。ほとんどが10〜11.5 OZの生地でできていました。厚みは適度で、クラシックなストライプの要素も非常に用途が広く、インナーウェアやインナーウェアに最適です。アウターウェア。

これが今日の紹介です
ヴィンテージ好きの間で、根強い人気を誇るウォバッシュデニムを使用したワークシャツ。近年、徐々に一般層からも知られる存在になり、じわじわと人気上昇中だ。
このベストはシャンブレーシャツ等のワークシャツは勿論、ボタンダウンシャツ等のキレイ目感の有るシャツとも合わせていけますし、ヘンリーネック等のカットソーにも良くあうベストです。またGジャンやレザージャケット、テーラードジャケットやフライトジャケット等のインにも幅広く使え、オールシーズンに活躍するアイテムです。インディゴ染めの為、経年変化の味わい深さにも定評があります。
クラシックのシルエットのこちらのテーパードパンツは、経緯染めで完成したストライプ柄が特徴。脚がより立体的に綺麗に見えます。熟練された職人の技術により、繊細と綺麗な縫い方で縫われて、全体的に高品質感を演出します。
 最近のレプリカメーカー(リアルマッコイズの東洋エンタープライズのSUGAR CANEなど)が完成度が高くリプロダクトしているので購入自体は難しくないです。ファストファッションなどのブランドでは購入は難しいです。というのもウォバッシュ自体が作るのに手間と時間が掛かってしますことが原因でなくなってしまった生地なので再現することにコストがかかってしまいます。そのため低価格で高コストを実現することは難しいと思います。

しかし、このブランド(PAPAMEKAJI)は海外に工場を作ったことによって、コスト削減が実現できました。現在、お客様は同じ高品質のWABASH生地の製品を購入するためにより少ないお金を使うことができます。

0 Comment

Write a comment

Check all blog comments before publishing